So-net無料ブログ作成
検索選択

circus * [memorandum+]

R0019789.jpg
light, kyoto

「ボリショイサーカス」を、みにいった
42歳で、初めてのサーカス体験だと、気付く
何だろう・・この人間味溢れるあたたかな時間 *

「シルク・ドゥ・ソレイユ」は、ラスベガスで
2度程、観させてもらう機会があった
巨大なステージが、迫力のある音響で、浮遊回転し
オリンピック選手級のダンサー達が美しくも
信じられない超人的な動きで、たっぷり魅せてくれる
素晴らしい、最先端のエンターテイメントだった

だけど「ロシア国立のサーカス」は、もちろん別物
京都府立体育館S席のパイプ椅子からステージは
本当に目の前で・・・空中ブランコやジャグリング
ライオン達の猛獣使いや、くまさんの綱渡にピエロ
生演奏付で約2時間、僕は終始ワクワクしていた
訓練に訓練を積んだ、生身の身体で勝負する世界

空中ブランコの終盤で、一度失敗があった
手が繋げず、ゆっくりと大きなネットに身体が沈んだ

会場が一瞬、大きく残念なため息に包まれたが
逆にあの失敗が、皆の心を更に捕らえたのだろう
次の成功時には、倍以上の拍手に包まれた

出演者には申し訳ないけれど、僕もあの時の
彼の表情が、いちばん胸に残っている
リセットボタンも、1UPもない、アナログの世界
「ひとの技」に、僕はココロ動かされた

ちなみに「ボリショイ」とは、ロシア語で
「大きな、大変な」という意味らしい
国内でも50年以上続く、ボリショイサーカス
その大きさを、充分に感じられた気がした

いつまでも、残っていてほしいと願いながら *



nice!(65)  コメント(15) 

nice! 65

コメント 15

七色音

ふぅ~ 読んでるあたしまでドキドキしちゃった。(涙)
by 七色音 (2011-08-12 16:07) 

+k

>七色音さん、いつも、おおきにです *
いくつになっても、ドキドキも、ワクワクも・・・
あ、YUKIの歌みたいですね+
by +k (2011-08-12 17:40) 

achille

to +k

  技にお金を貰っている自負、プロである以上
 失敗した当人にとっては屈辱だろうし、お客さんに
 対しては申し訳ないキモチで一杯だろうね。

 でも、見ている側には、やはり人間だなって
 ある意味 安心できたりして。
 そういう貴重な(?)機会に遭遇できたのでは?

by achille (2011-08-12 19:19) 

+k

>achilleさん、おおきにです *
お久し振りです。そうですね、まさに書かれた通り。
でも、そういうのって、もしかしたら
この歳になってだから、解ることなのかなって・・・
うん、とても貴重な体験でした +
by +k (2011-08-13 10:40) 

TaekoLovesParis

ボリショイサーカスは小学生の時、東京都体育館で見て、ハラハラ、ドキドキ、あんなことできる人がいると、大感激でした。最近は、シルク・ドゥ・ソレイユが有名で、ボリショイやリングリングサーカス(これもよかった)など、
いわゆる伝統的サーカスの宣伝を見なくなったから、時代でサーカスも
変わる?とひそかに思っていたので、健在、しかも、いいものをたくさん
ご覧になってらっしゃる+k さんを感動させる力があるなんて、うれしいです。
ボリショイって、大きいという意味なんですか。ボリショイ・バレエもありますね。
by TaekoLovesParis (2011-08-14 13:56) 

+k

>TaekoLovesParisさん、おおきにです *
何だろう「サーカス」の魅力って、と考えていました。
シチュエーションとしても、とても物理的にも身近で
ひとの温度が伝わってくるような、感動がそこにはありました。
そして、このサーカスに、感動できる自分がいてうれしかった。
リングリングサーカスというのもあるのですね。
また、観に行ってみたいです+
by +k (2011-08-14 17:28) 

tomoko

読みながら、
私もじんわりと温かな気分になりました。
私、サーカスみたのは、子どもの頃1回きりなんです。
この人たちは、大人なのに、
どうしてこんなに危ないことばかりするんだろうと
ハラハラドキドキした印象しか残らず。。
それ以来、サーカスは苦手になってしまって。。
今なら、もっと違う気持ちで見ることができるかな。
う~ん…どうかな。
by tomoko (2011-08-17 22:48) 

+k

>tomokoさん、おおきにです *
お久し振りです。僕はサーカスや旅芸人をモチーフにした
映画や小説で、みてもいないのに、あるイメージが
できてしまっていたのですが、実際はもっとプリミティブな
感動と、ひとのあたたかさを感じた2時間でした。

確かに「危ないこと」=「ひとをよろこばせること」とは
子供の頃には、解りにくいのかもしれませんが
僕は、いまみたから、とても響いたのかもしれません+
by +k (2011-08-18 04:06) 

七色音

お変わりございませんか?
小春日和の過ごしやすい季節になりました。
目でも楽しく 口でも楽しく 愛でることの多いこと~♪ うふふ
by 七色音 (2011-10-13 20:20) 

+k

>七色音さん、おおきに、御無沙汰しております *
blogは、2ヶ月以上開けていませんでした。

ありがとうございます、色々ありましたが僕は元気です。
ただただ、文章が書けていないだけかもしれません。

素敵な出来事、ささやかな幸せも、いっぱい身の周りに
いつも溢れて、受け止めています。
それを文章にまとめる練習のはずでしたが・・・
友人のブログに感化されたのですが・・・
ぼちぼち、頑張ります。

僕も秋は大好きです +

by +k (2011-10-19 18:42) 

Far-East

御無沙汰しています。
ブログはお休みされていたのですね。

京都の冬は寒いですよね。

うちは今年5月から家族4人でまた一緒に東京で暮らしています。
いろいろと自分のことを書いてしまってるブログもあるけれど
+kさんのように読者が何か想像させるブログも面白いですね。

どうかお体大切に。
by Far-East (2011-12-14 11:15) 

つなみ

新年おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
楽しく安全で健康な良い年になりますように。
たくさんの夢と希望が楽しめる、
み恵みある年になりますように。
お変わりなければいいのですが^^
また来ます。
by つなみ (2012-01-01 17:52) 

つなみ

お元気ですか?(*´∇`*)
by つなみ (2012-05-06 14:37) 

+k

Far-Eastさん、おおきにです *

御無沙汰しております。僕は元気ですが
色々あって、こうやってちょっと更新を
お休みにしておりました。

また少しずつでも書けたらなと思います+
by +k (2012-06-25 15:44) 

+k

つなみさん、おおきにです *

コメント、頂いていたのにごめんなさい。
僕は元気ですが、色々あってしばらく
お休みさせて頂いておりました。

また、ゆっくり書き出せたらいいなぁと
思っております。ありがとうございます +

by +k (2012-06-25 15:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。